MENU

お知らせ

社会心理学研究会

この研究会は、主に大学院生がそれぞれの研究成果や経過について発表し、互いに意見を戦わせ、研究をより深化させる目的で開催されています。

2017年度〈予定分〉


2017年度〈終了分〉

第1回
日時:2017年7月20日(木) 17時00分~
場所:法文2号館 1番大教室

発表者 尹 月
演題 中国人の民主主義観と政府への信頼に関する政治心理学的研究

2016年度〈終了分〉

第4回
日時:2017年2月2日(木) 10時30分~
場所:1番大教室

発表者 正木 郁太郎
演題 職場の性別ダイバーシティの心理的影響:日本における組織環境の調整効果について
 第3回
 日時:2016年12月1日(木) 14時00分~
 場所:113教室
発表者 正木 郁太郎
演題 職場の性別ダイバーシティの心理的影響:日本における組織環境の調整効果について
 第2回
 日時:2016年11月9日(水) 17時00分~
 場所:1番大教室
発表者 尹 月
演題 民主主義について語るときに中国人の語ること
 第1回
 日時:2016年5月18日(水) 16時50分~
 場所:315教室
発表者 正木 郁太郎
演題 職場の性別ダイバーシティの心理的要因:日本における組織環境の調整効果について

2015年度〈終了分〉

第9回
日時:2015年7月10日(金) 13時~
場所:215教室

発表者 二木 望
演題 心理的本質主義がジェンダーシステム正当性認知に与える影響
発表者 田戸岡 好香
演題 自己他者概念と上下の運動感覚が妬みと羨望の生起に及ぼす影響

第8回
日時:2015年7月3日(金) 13時~
場所:215教室

発表者 松本 龍児
演題 自由意思信念が攻撃や援助に与える効果
発表者 伊藤 健彦
演題 The Effect of University Favouritism on Job Applicant's Causal Attribution

第7回
日時:2015年6月26日(金) 13時~
場所:215教室

発表者 Dai XiaoXiao
演題 Social-Support提供者のSelf-Monitoring傾向と受容者の自尊心の高さがサポートの効果に与える影響及びその文化間比較
発表者 岩谷 舟真
演題 多元的無知の先行因についての実験的検討

第6回
日時:2015年6月19日(金) 13時~
場所:215教室

発表者 齋藤 美松
演題 公共的な向社会行動を支える認知処理過程
発表者 岡田 真波
演題 心理的距離と道徳判断傾向に関する検討

第5回
日時:2015年6月12日(金) 13時~
場所:215教室

発表者 笠原 伊織
演題 ルール違反が内/外集団成員の評価と排斥行動に及ぼす影響:黒い羊効果の観点から
発表者 吉野 太基
演題 Competitive Secretary Problem

第4回
日時:2015年6月5日(金) 13時~
場所:215教室

発表者 平山 いずみ
演題 社会的相互作用場面における「心の理論」
発表者 谷邊 哲史
演題 自己に対する心の知覚が協力行動に与える影響

第3回
日時:2015年5月22日(金) 13時~
場所:215教室

発表者 櫻井 良祐
演題 自己制御とモラル・ライセンシング
発表者 榎本 かおり
演題 解釈レベルの違いが目撃証言に与える効果の検討

第2回
日時:2015年5月15日(金) 13時~
場所:第三会議室

発表者 川尻 知弥
演題 地縁的活動への参加の促進要因
発表者 ジョン ギュヒ
演題 ゴシップ伝達における話し手の感情が聞き手のゴシップ処理に与える影響

第1回
日時:2015年4月17日(金) 13時~
場所:215教室

発表者 相田 直樹
演題 暗黙理論がeffort strategyに及ぼす影響

<2014年度以前の研究会>